記事の詳細

WordPressにはサイドバーなどに何を表示させるのかを自由に決めることできる「ウィジェット」という機能が備わっています。使用するWordPressのテーマによってウィジェットで表示できる内容は異なりますが、基本的な部分は一緒で足りない場合はテキストウィジェットを使ってコード(任意のHTML、テキストなど)を入力して表示させます。

初期テーマで利用できるウィジェットの説明

WordPressを初めてインストールしたときのテーマ「Twenty Twelve 」には、以下のようなウィジェット機能を利用することができます。

ウィジェットの種類ウィジェットの説明
最近の投稿表示件数を指定して最新の記事へのリンクを表示させることができます。
アーカイブ月別に投稿した記事を表示させます。(月別の投稿数を表示することも可能)
カテゴリーブログのカテゴリー一覧を表示させます。(カテゴリー別の投稿数も表示可能)
タグクラウド記事を投稿するときにタグをつけている場合、よく使われるタグを表示します。
カレンダーカレンダーが表示され、記事を投稿した日にはリンクがつきます。
最近のコメント訪問者から投稿されたコメントを新着順に表示します。
検索サイト内を検索できるフォームが表示されます。
固定ページ固定ページで作成したページ一覧を表示させます。
カスタムメニュー「外観」⇒「メニュー」で作成したカスタムメニューを表示させます。
メタ情報WordPressへのログイン・ログアウト、RSSとWordPress.orgへのリンクを表示させます。
RSSブログのRSSフィードのURLを入力すると、RSSフィードへのリンクが表示されます。
テキスト任意の文章やHTMLを表示させます。(プラグインを使えばPHPも入力可能)

ブログのサイドバーなどに表示するウィジェットの使い方

1.ウィジェットを使用するには、WordPressのダッシュボードから「外観」「ウィジェット」をクリックします。

2.利用できるウィジェットの中から、サイドバーなどに表示させたいものをドラッグ&ドロップします。

3.タイトルを付けたい場合は、表示させたいタイトルを入力して「保存」ボタンを押します。タイトルを空白にした場合は、デフォルトのタイトル(アーカイブ、カテゴリーなど)が表示されます。

4.ウィジェットを削除したい場合は、各ウィジェットの「削除」の文字をクリックします。(利用できるウィジェットの欄にドラッグ&ドロップしてもOKです)

5.一時的にウィジェットの使用を停止するには、「使用停止中のウィジェット」にドラッグ&ドロップします。

ウィジェットを使用すると、必要なものを簡単に表示できるのでとても便利です。ウィジェットに対応したプラグイン(人気記事表示プラグインなど)をインストールすると、利用できるウィジェットがさらに増えます。



関連記事

ページ上部へ戻る