記事の詳細

WordPressを設置するためのレンタルサーバーを借りる必要があります。レンタルサーバーとは、WEB上でブログを公開したり、メールを保管したりするために、情報発信用のコンピューター(サーバー)をレンタルできるサービスです。一般的なサービスは共有タイプが多く、複数のユーザーと1台のサーバーを共有して使います。

大抵のレンタルサーバーでWordPressは設置できるのですが、容量や機能によって価格帯は様々です。基本的に個人のブログを運営するのであれば、初めは月額500円以下のレンタルサーバーで十分だと思います。最初からアクセス数を増やすのは難しいですし、後にアクセス数が増えてブログの表示が重くなったとしても、独自ドメインであればサーバーを引っ越してもURLを変更することなくブログを続けることができます。

WordPressを設置するレンタルサーバーを選ぶポイント

初心者の方がWordPressを設置するレンタルサーバーを選ぶときに重視すべき点は以下のような感じだと思います。

  • データベース(MySQL)を利用できる。
  • WordPressの簡単インストール(自動インストール)機能が付いている。
  • 無料のお試し期間が用意されている。

まず、WordPressを設置するにはデータベース(MySQL)が必要です。(SQLiteというデータベース管理システムを使えば設置できるけど、それなりの知識が必要になります)初心者の方は、必ずデータベースを利用できるサーバーを選ぶようにしてください。

WordPressの簡単インストール機能が付いていれば、比較的簡単にWordPressでブログを作成することができます。付いていない場合は、FTPソフトを使って自分でインストールしなければいけないので色々と面倒です。

初めは設置に時間がかかったり、サーバーの使い心地もわからないので、無料のお試し期間が用意されているサービスを選ぶのがベストです。実際に使ってみてイマイチだと思うのであれば料金を支払う必要はないので、まずはどんな感じなのか試せるサーバーを選ぶのが理想的です。

WordPressが使える個人ブログにおすすめのレンタルサーバー

ここからはWordPressを設置できる、個人ブログの運営におすすめのレンタルサーバーを紹介します。私が実際に使ってみて満足できたサーバー、低価格で利用できるサーバーに厳選しています。

minibird(ミニバード)
  • 運営会社:ネットオウル
  • 月額料金:263円
  • 初期費用:1,575円
  • 容量:30GB
  • データベース:5個
  • 簡単インストール:あり
  • 無料お試し期間:14日
  • メールアドレス:500個

低価格のレンタルサーバーの中で一番のおすすめです。データベースが5個も利用できるので、WordPressで複数のブログを運営したい方にも向いています。無料お試し期間も14日と長いので、じっくりと使い心地を試すことができます。

minibird(ミニバード)はコストパフォーマンスに優れているサーバーです。私は2年以上ミニバードを利用(5つのブログで)していますが、ブログの表示速度にも不満はなく快適に運営できています。

サポートの評判はあまりよくないですが、メールもちゃんとした返信が返ってきますし、プラグインの問題点もきちんと知らせてくれます。私の感覚では、サポートに対して特に疑問を感じたことはありません。

サーバーの管理画面(ユーザーパネル)に関しては、ミニバードよりロリポップのほうが使いやすいかもしれません。(ドメインの設定やツールのインストール以外はほとんど使いません)

ロリポップ(ロリポプラン)
  • 運営会社:paperboy&co.
  • 月額料金:263円
  • 初期費用:1,575円
  • 容量:30GB
  • データベース:1個
  • 簡単インストール:あり
  • 無料お試し期間:10日
  • メールアドレス:10個

低価格のレンタルサーバーの中では、最も初心者に優しいサービスだと思います。使っているユーザーの数も非常に多く、120万人以上(2013.5.1現在)が利用しています。ユーザー向けのマニュアルがわかり易いので、初心者が借りるサーバーとして人気を集めています。

管理画面(ユーザーパネル)の使いやすさや、ユーザーサポートに関しては定評があります。無料お試し期間も10日用意されているので、契約する前に使い心地を試すことができます。

サーバー自体のパフォーマンス(表示速度など)に関しては可もなく不可もなくといった感じですが、個人のブログで利用するのであれば特に問題はないと思います。(表示速度・サーバー安定度に関しては、割り当てられるサーバーによって変わります)

一方でデータベースが1個しかないので、複数のWordPressブログを運営したい場合には向いていません。老舗のレンタルサーバーなのでそれなりに安心感はありますが、全体的な機能を比べるとminibird(ミニバード)のほうが優れているように感じます。



関連記事

ページ上部へ戻る