記事の詳細

独自ドメインをレンタルサーバーに設定したら、次はデータベースを作成してWordPressをインストールします。minibird(ミニバード)では簡単インストール機能が付いているので、比較的楽にWordPressを導入してブログを作ることができます。

まず最初に、WordPressを利用するときに使うデータベースを作成しておきます。

minibird(ミニバード)でデータベースを追加作成する手順

1.ミニバードのサーバー管理ツールから「データベースの設定」をクリックします。

2.「MySQL追加」をクリックします。

3.「データベース名」を決め、文字コードで「UTF-8」を選択したら「確認画面」ボタンを押します。

※データベース名は英数字で任意の文字列を記入してください。

4.確認画面が表示されるので「確定する」ボタンをクリックします。これでデータベースが追加されます。

5.次に「MySQLユーザー設定」をクリックします。

6.「MySQLユーザー名」「データベースパスワード」を決めます。入力し終えたら「確認画面」ボタンを押します。このユーザー名とパスワードは、データベース(phpmyadmin)にログインするときに必要になります。

※パスワードは半角アルファベット1文字以上を含む半角英数字で入力してください。

7.確認画面が表示されるので「確定する」ボタンをクリックします。これでデータベースのユーザーが作成されます。

8.最後に作成したデータベースにユーザーの権限を追加します。「権限追加可能ユーザ」で先ほど作成したユーザーを選んで「権限追加」ボタンを押します。これでデータベースの設定は完了です。

次は作成したデータベースにWordPressをインストールしていきます。

minibird(ミニバード)でWordPressをインストールする手順

1.ミニバードのサーバー管理ツールから「簡単インストール」をクリックします。

2.WordPressをインストールしたいドメインの横にある「選択」の文字をクリックします。

3.「追加インストール」を選択して、WordPressの「インストール設定」をクリックします。

4.「作成済みのデータベースを利用する」にチェックを入れ、作成しておいた「データベース名」「ユーザー名」を選択して「パスワード」を入力します。

5.ブログの情報を入力していきます。ドメインをそのままブログのトップページにする場合、「インストール先」は入力しなくても大丈夫です。

入力しなかった場合のトップページhttp://○○○.com
blogと入力した場合のトップページhttp://○○○.com/blog

「ブログ名」にブログのタイトルを記入します。タイトルはWordPressにログインすれば後からでも変更できます。WordPressの管理画面にログインするための「ユーザー名」「パスワード」を決めます。パスワードはセキュリティ上、不規則で長めの文字列のほうが安心です。

「メールアドレス」も入力したら、「確認画面」ボタンを押します。

6.確認画面が表示されるので、内容を確認して「確定する」ボタンをクリックします。

これでWordPressのインストールは完了です。「ログインフォーム」をクリックして、表示されたページをブックマーク(お気に入り)に登録しておくと便利です。

完成したブログは以下のように表示されます。WordPressのテーマを変更することで、ブログのデザインを変更することができます。



関連記事

ページ上部へ戻る