記事の詳細

WordPressのSEO対策については、これまで「All in One SEO Pack」を使っていたのですが、ここ最近では新たにサイトを立ち上げるときには「WordPress SEO Yoast」というプラグインを使用しています。

項目は色々と多いのですが、とりあえずインストール手順から必要だと思われる設定部分についてまとめました。

「WordPress SEO Yoast」のインストール方法

1.WordPressの管理画面から「プラグイン」「新規追加」をクリックして「WordPress SEO Yoast」を検索します。

2.「WordPress SEO Yoast」が見つかるので「いますぐインストール」の文字をクリックします。

3.インストールが完了するので「プラグインを有効化」します。

プラグインを有効化すると「Help improve WordPress SEO」と表示されます。これは「今後のプラグインの改善のために、匿名でトラッキングすることを許可しますか?」ということです。

私は特に拒否する理由もないので「Allow tracking」を選択しました。ちなみにトラッキングの許可は後からでも変更できます。

赤い警告文のような文字が表示された場合の対処法

以下のように表示されたら直したほうが良い場所があるということなので、とりあえず「SEO Dashboard」をクリックして設定画面に飛びます。

一般設定を開くと何やら2つの赤い警告文のようなものが記述されていました。

まずは上の警告文。これは、「あなたが使用しているテーマにはmeta descriptionが設定されていて、このプラグインの機能とダブってます。なのでテーマのmeta descriptionを削除して動かないように設定してください」というような感じです。(当サイトでも使用しているTDCのwordpressテーマではこの文章が出ました)

「Fix it.」のボタンを押すと、使用しているテーマから「meta description」の記述部分を自動で削除してくれます。

次に下の警告文。これは「パーマリンクは投稿名(/%postname%/)にしたほうがいいですよ」という内容です。パーマリンクは途中で変更すると全てのページのURLが変わってしまうので、ある程度サイトが完成しているのであれば「Igore.(無視する)」を選択したほうが無難です。

新しく作ったサイトで、まだ記事をほとんどアップロードしていないのであれば「Fix it.」を押すと「パーマリンク設定」のページに飛ぶので「投稿名」を選べばOKです。

Yoast WordPress SEOの初期設定

ダッシュボード

トラッキング今後のプラグインの改善のために、匿名でトラッキングすることを許可するかどうか。チェックを外してもよさそうですが、私は拒否する理由もないのでチェックを入れています。
Security記事を投稿するときに設定できるAdvancedの部分(noindexやnofollowの設定など)を、管理権限を持ったユーザーしか編集できないようにします。よくわからなければチェックを入れておいたほうが無難です。
ウェブマスターツール各種ウェブマスターツールにサイトを認証するとき、ここに認証タグを挿入することでサイトの所有者確認を簡単にできるというもの。使うとすれば「Googleウェブマスターツール」くらいかなと思いますが、私はFTPソフトでhtmlファイルをアップロードして認証しているので空欄のままです。

Titles & Metas

「General」の設定

Title settingsチェックを入れると、トップページや投稿記事のタイトルをこのプラグインで設定したものに置き換えてくれます。タイトルを自分で設定したい場合はチェックを入れましょう。
Sitewide meta settings
  • Noindex subpages of archives ⇒ アーカイブ等の2ページ目以降をインデックスさせない
  • Yoast SEOのメタキーワードを使用 ⇒ meta keywordsを使用可能に
  • Add noodp meta robots tag sitewide ⇒ metaタグにnoodpを追加
  • Add noydir meta robots tag sitewide ⇒ metaタグにnoydirを追加
Clean up the各項目にチェックを入れると、head内のコードを削除して整理してくれます。4項目とも特に必要ないので私は全てチェックを入れました。

「Home」「Post Types」「タクソノミー」の設定

「タイトル」のテンプレートそれぞれのタイトルを指定します。トップページであれば「%%sitename%% %%sep%% %%sitedesc%%」投稿記事であれば「%%title%% %%sep%% %%sitename%%」あたりが定番かなと思います。

使用できるコードは「ヘルプ」「Basic Variables」から確認できます。
Meta Descriptionタグのテンプレート検索エンジンの検索結果に表示される部分なので、トップページのMeta Descriptionにはサイトの説明や興味を惹く文章を書けば大丈夫です。投稿記事のMeta Descriptionは、投稿するときに記事ごとに設定できるので、ここでは空欄にしています。
Meta Robotsチェックを入れるとインデックスさせないように出来ます。投稿記事や個別ページなどは、投稿する記事ごとに後からnoindexやnofollowの設定ができるので、ここでチェックを入れる必要はありません。チェックを入れるとすればか「タクソノミー」のタブにある「カテゴリー」や「タグ」の項目だと思いますが、その辺はお好みでといった感じです。

他の項目に関しては初期設定のままで触らなくても大丈夫だと思います。

Social

Facebook

Add Open Graph meta dataFacebookのOpenGraphをhead内に挿入してくれます。サイトに「いいねボタン」を設置している方はチェックを入れておきましょう。

私の場合ほとんど利用していないので、後は特に設定していません(汗)他の詳しい設定方法は以下のサイトが参考になると思います。

パーマリンク

「Strip the category base (usually /category/) from the category URL.」にチェックを入れました。これはカテゴリーページのURLから「category」を削除してシンプルなURLにしてくれます。

  • http://wp-navi.net/category/customize/wordPress-seo-yoast

例えば上記のようなURLだった場合、

  • http://wp-navi.net/customize/wordPress-seo-yoast

このようにcategoryを短縮して表示されるようになります。

記事を投稿するときの設定

とりあえず私が設定したのは以上の項目です。次は記事を投稿するときの設定についてです。以下のようなボックスが下のほうに追加されているので、各項目について紹介します。

General

Snippet Preview検索結果に表示されるときに「こんな感じで表示されますよ」というプレビュー画面です。
Focus Keyword自分が狙っているSEOキーワードを入力すると、プラグインが「ここがダメだよ」と教えてくれます。個人的にはあまり気にしなくても大丈夫だと思ってます。
SEOタイトル検索結果に表示される記事のタイトルです。タイトルには検索してほしいワードを使いましょう。
Meta Description検索結果に表示される、記事についての説明文です。軽視されがちですが、ここの内容でクリック率が大きく変わったりします。

Page Analysis

「Focus Keyword」での評価一覧です。赤が一番悪く、緑が一番良いらしいです。緑?うちのサイトでは見たことないですね(汗)

Advanced

Meta Robots Indexこの記事を検索エンジンにインデックスさせたくない場合は「noindex」を選択します。
Meta Robots Follow検索エンジンのクローラーに、この記事を見てほしくない場合(辿ってほしくない場合)は「Nofollow」にチェックを入れます。

上記はどちらも、お問い合わせフォームなど中身がないページ以外は使う機会がないので、基本的にはデフォルトのままで触らなくても大丈夫です。

私が使用する記事を投稿するときの設定は以上のような感じです。個人的には前に使っていた「All in One SEO Pack」よりも使いやすいなと感じました。



関連記事

ページ上部へ戻る