記事の詳細

SEO対策とは、検索エンジン最適化を行ってGoogleやYahooの検索結果で自分のブログが上位に表示されるように行う対策のことです。この「All in One SEO Pack」というプラグインを使用すると、SEOを考えたブログの内部対策を施すことができるようになります。

検索エンジンで上位に表示されてブログのアクセス数を増やしたい場合、WordPressのSEO内部対策はとても大切なので、初めに導入しておきたいプラグインです。

「All in One SEO Pack」のインストール方法

1.WordPressの管理画面から「プラグイン」「新規追加」をクリックして「All in One SEO Pack」を検索します。

2.「All in One SEO Pack」が見つかるので「いますぐインストール」の文字をクリックします。

3.インストールが完了するので「プラグインを有効化」します。有効化するとWordPress管理画面に「All in One SEO Pack」が追加されます。

「All in One SEO Pack」の全体的な設定方法

WordPressの管理画面の「All in One SEO Pack」をクリックして設定画面を開きます。

各種の設定を行っていきます。変更、設定しておきたい項目は以下のような感じです。

Use Original Title:ブログのタイトルにオリジナルのタイトルを使用します。

ホームタイトル:ブログのタイトルを記述します。
ホーム詳細:ブログの簡単な説明を記述します。
ホームキーワード:ブログのキーワードをコンマで区切って指定します。

メタキーワードとしてカテゴリーを使う:カテゴリーを使用して、投稿ページのメタキーワードを作成する場合はチェックします。
メタキーワードとしてカテゴリーを使う:タグを使用して、投稿ページのメタキーワードを作成する場合はチェックします。
動的に投稿ページのキーワードを生成する:投稿ページのメタキーワードを自動で作成する場合はチェックします。

※メタキーワードは記事を投稿するときに、自分で指定してあげることもできます。

カテゴリーをnoindexにする:カテゴリーページを検索エンジンにインデックスさせたくない場合はチェックします。
アーカイブをnoindexにする:アーカイブページを検索エンジンにインデックスさせたくない場合はチェックします。
タグをnoindexにする:タグページを検索エンジンにインデックスさせたくない場合はチェックします。

※重複ページ対策です。カテゴリーやタグで同じ内容のページが表示されてしまうと検索エンジンの評価を下げるので、不要なページにはチェックを入れてnoindexにします。

変更を反映させるために一番下にある「設定を更新」をクリックします。とりあえず初期設定としてはこれくらいでOKです。残りの部分は必要になったときにあらためて設定すればよいと思います。

記事やページを投稿する時の個別設定の方法

記事を投稿するときに個別でSEOの内部対策を行うことができます。特に記述しなければ、「All in One SEO Pack」の設定画面で指定した内容が反映されます。

Title個別で記事のタイトルを指定することができます。(60文字以内)
Description個別で記事のDescription(簡単な説明)を指定することができます。検索エンジンに表示される説明部分になります。(160文字以内)
Keywords個別で記事のメタキーワードを指定することができます。(コンマで区切って書きます)
Robots Meta NOINDEX記事を検索エンジンにインデックスさせたくない場合はチェックを入れます。
Robots Meta NOFOLLOW記事をロボット(検索エンジンの巡回)にクロールさせたくない場合はチェックを入れます。
Disable on this page/postこの記事で「All in One SEO Pack」の機能を無効にしたい場合はチェックを入れます。


関連記事

ページ上部へ戻る