記事の詳細

WordPressの管理画面に不正にアクセスされてしまうのを防ぐためにも、ぜひ導入しておきたいプラグインが「Simple Login Lockdown」です。このプラグインでは、同一IPアドレスからの連続アクセス(ログインを試みる回数)を制限することができます。

制限するログイン回数の指定や、制限(ロック)を解除するまでの時間などを簡単に設定できるので、不正ログイン対策として重宝するWordPressプラグインです。

「Simple Login Lockdown」の導入・設定方法

1.WordPressの管理画面から「プラグイン」「新規追加」をクリックして「Simple Login Lockdown」を検索します。

2.「Simple Login Lockdown」が見つかるので「いますぐインストール」の文字をクリックします。

3.インストールが完了するので「プラグインを有効化」します。

4.管理画面の「設定」「表示設定」「Simple Login Lockdown」の設定項目が追加されます。設定内容は以下のような感じです。

Login Attempt Limit制限するログインの回数を指定します。この回数以上アクセスを試みるとロックがかかり、ログイン画面にアクセスできなくなります。
Login Lockdown Timeログイン画面にアクセスできなくなってから、ロックが解除されるまでの時間を指定します。

5.指定した回数ログインに失敗すると、以下のような画面が表示されます。

「Too many login attemps from one IP address! Please take a break and try again later」

「同一のIPアドレスで何回もログインを試みようとしないでください!休憩を取って後で再び試してください」というような意味です。指定した時間が経過すれば、再びログイン画面が表示されるようになります。



関連記事

ページ上部へ戻る