記事の詳細

もしもに備えてWordPressのデータをバックアップしておこう!ということで、今までは「WP-DBManager」というプラグインを使っていたのですが、データベース以外のファイル(画像やテーマ)も自動でバックアップしてくれる「BackWPup」を導入することにしました。

このプラグインでは「WP-DBManager」と同様、メールに添付してバックアップファイルを受け取ることができる他に、DropBox(オンラインストレージサービス)などにデータを送ることもできます。

「BackWPup」のインストール方法

1.WordPressのダッシュボードから「プラグイン」「新規追加」をクリックして「BackWPup」を検索します。

2.「BackWPup」が見つかるので「いますぐインストール」の文字をクリックします。

3.インストールが完了するので「プラグインを有効化」します。

4.有効化すると以下のような画面が表示され、WordPressの管理画面に「BackWPup」という項目が追加されます。

「BackWPup」の設定方法

「BackWPup」「Add New Jpb」から設定の変更をします。まずは「General」のタブを設定します。

Job Tasks

バックアップ関連の機能を選択します。「Database Backup」と「File Backup」にはチェックを入れておいて、後は好みで選択してください。

  • Database backup:データベースをバックアップする
  • File backup:ファイルをバックアップする
  • WordPress XML export:WordPressのデータをXMLでエクスポートする
  • Installed plugins list:インストールしているプラグイン一覧をバックアップ
  • Optimize database tables:データベースを最適化する
  • Check database tables:データベースをチェックする

Backup File Creation

バックアップファイルの形式を選択します。基本的にはデフォルトのままで大丈夫だと思います。

Job Destination

バックアップファイルを保存する場所を指定します。当ブログではメール添付とDropboxを使っています。

  • Backup to Folder:WordPressのあるサーバーに受け取る
  • Backup sent by e-mail:メールに添付して受け取る
  • Backup to FTP:外部のFTPサーバーに送る
  • Backup to Dropbox:Dropboxのフォルダに送る
  • Backup to an S3 Service:Amazon S3のフォルダに送る
  • Backup to Microsoft Azure (Blob):Windows Azureに送る
  • Backup to Rackspace Cloud Files:Rackspace Cloud Filesに送る
  • Backup to SugarSync:SugarSyncのフォルダに送る

Log Files

ログファイルの設定をします。

  • Send log to e-mail address:ログファイルを送信するメールアドレス
  • E-Mail FROM field:ログファイルをメールで受け取るときのタイトル
  • Errors only:エラーが発生したときだけメールを送信するかどうか

設定を変更したら「Save changes」ボタンをクリックして反映させます。

次は「Schedule」のタブを設定します。

Job Schedule

手動バックアップか自動バックアップかの設定をします。自動バックアップを選択することで保存時間を設定することができます。

  • manually only:手動でバックアップする場合
  • with WordPress cron:自動でバックアップする場合

Schedule execution time

バックアップファイルを保存する間隔を決めます。当ブログでは毎週水曜日の3時に設定しました。

設定を変更したら「Save changes」ボタンをクリックして反映させます。

私の場合、他の項目はデフォルトのままで特に変更していません。必要に応じて他の項目も見直してみてください。

Dropboxにバックアップファイルを保存する方法

1.Dropboxを利用するには、以下のアドレスにアクセスします。

2.名前とメールアドレス、パスワードを入力して、規約の同意にチェックを入れた後「登録する」ボタンを押すとDropboxのアカウントを作成できます。

3.「BackWPup」の設定画面から「To: Dropbox」のタブを選択して「Reauthenticate (Sandbox)」をクリックします。

4.以下のような画面が表示されるので「許可」のボタンを押します。

5.これで認証が完了します。Dropboxには「アプリ」「BackWPup」というフォルダが追加されます。

実際に「BackWPup」のバックアップをテストしてみる

実際にバックアップが上手くいくかテストするには、「BackWPup」「Jobs」から設定したJob Nameの「Run now」をクリックします。

するとWordPressのバックアップが始まるのでしばらく待ちます。100%になれば完了です。自分の設定では特に警告やエラーはありませんでした。

メール添付とDropboxを保存先として選んでいるので確認すると、それぞれにちゃんとバックアップファイルが送信されていました。

これでバックアップが取れたので、安心してWordPressのブログを書くことができます。



関連記事

ページ上部へ戻る