記事の詳細

当ブログではWordPressを使って個人ブログを作成する手順について紹介していますが、WordPressであれ無料ブログであれ「クリエイティブ系」や「エンターテイメント系」など特定の方向を目指しているのであれば、ブログの活用法は幅広いです。

毎日の出来事を日記にして書くことも悪いわけではないのですが、有名人でもなければ訪問者ににブログが読まれることはほとんどありません。特に特定のジャンルに関して勉強していたり、ある程度の知識があるのであれば、ブログをただの日記で終わらせるのは勿体無いことです。

日記でもいいけどブログのジャンルはちゃんと絞ろう

ジャンルが定まっていないブログでも人気のあるブログは数多くあります。しかし、それらのブログは役に立つ情報を配信しているブログがほとんどで、個人の日記ではありません。個人の日記でもユニークな文章が書ければファンになってくれる人はいますが、普通に書いた日記では身内しか読んでくれません。

日記ブログでも特定のジャンルに特化していれば人は集まりやすいです。日記系でジャンルを絞ったブログとは以下のようなものです。

  • 育児ブログ
  • 芸能人のファンブログ
  • 何かを目指している人のブログ
  • 特定の悩みを抱えている人のブログ

個人的な日記に求められるのは「共感」です。ブログのジャンルを絞れていれば、そのジャンルに興味がある人が訪れるので共感が得られやすくなります。例えば同じ目標を持っている人のブログで、そのジャンルに関する悩みや体験談が投稿されていたら、その記事を読んで「自分も頑張ろう」という気持ちになるかもしれません。

思ったことや考えたことをただ日記として書いたとしても、ジャンルに特化した話であれば「誰かに求められる」ブログになりえます。誰かに求められるブログは、自分にとっても訪問者にとっても価値のある一つの共有財産になります。あまり細かくジャンルを絞る必要はないかもしれませんが、ある程度大まかなテーマくらいは決めておいたほうがよいでしょう。

ブログをただの日記で終わらせるのは勿体無い

ブログを「身内で楽しむためのもの」として利用するのであれば、ただ何となくその日の出来事を日記にして投稿するだけでも構いません。しかし何か目標がある方は、ブログを活用することで以下のようなことが可能になるかもしれません。

ブログが自分をアピールできる場所になる

きちんとジャンルを絞ったブログを運営すれば、そのジャンルに関わる人や興味のある人がブログを訪れます。少なくともブログを書かない人よりも、そのジャンルを勉強している人、活かせる人として自分をアピールすることができます。

例えば、将来イラスト関連の仕事に就きたい人はブログに練習用のイラストを投稿していけば、関係者や依頼者の目に留まって仕事につながる可能性はゼロではありません。料理が得意な方は自分流のオリジナルレシピを公開していけば、料理レシピのブロガーとして有名になって本の出版依頼がくるかもしれません。

同じ考え、方向性に人とコミュニケーションが取れる

特定のジャンルに特化したブログを続けていくと、同じ目標を持っている人からコメントがもらえるかもしれません。温かいコメントを貰えると自分のモチベーションになります。(よいコメントばかりとは限りませんが…)ブログをFacebookやTwitterと連動させることで、そのジャンルの知り合いが増えてコミュニケーションの幅が広がるかもしれません。

人脈が広がれば、何か行動を起こすときに手助けしてもらえたり、わからないことを教えてもらえたりします。困ったときや苦しいときに手を差し伸べてもらえます。ブログだけでなく、ブログから派生した人脈も大切な財産になるのです。

情報を配信することで誰かの役に立つことができる

自分の知っている知識や情報をブログに投稿することで、誰かの役に立つことができます。それはすでにありふれている情報でもかまいません。たとえ誰もが知っていそうな情報であっても「いまさら人に聞けない情報」として、これから何かを始めようと思っている人には重宝されるかもしれません。

例えばこのブログでは、WordPressの作り方や使い方を紹介しています。すでに活用されている方にとってはどうでもいい情報ばかりかもしれませんが、これからWordPressを始める人でもわかりやすいようにブログを書いています。(書いているつもりです)

実際に役に立っているかどうかは訪問者が判断することですが、誰かのために記事を書くことを意識することで、自分のブログのファンになってもらえる可能性は高くなると思います。

読み返すことで当時の自分を思い出すことができる

自分が学んだこと考えたことをブログに投稿することは、訪問者にとって役に立つだけではなく自分にとってもプラスになります。というのも、人間は忘れてしまう生き物です。「なるほど、その手があったか!」と思ったことでも興味が別のことに移ると簡単に忘れてしまいます。

ブログの本来の意味は「Web上に残される記録」です。大事なことをブログに記録しておけば、後に読み返したときに忘れていたことを思い出すことができます。思い通りにいかなかったときは、何が駄目だったのかを自分なりに考えて分析することができます。

過去に酔いしれているより未来に向かったほうがよいですが、間違っている部分があればそこを修正しないといつまでたっても前進することはできません。「失敗は後の自分の財産になる」とよく言いますが、失敗から目を背けるのではなく、失敗を糧にして今後に繋げなければ何の意味もありません。

文章や物事を考える力が向上する

訪問者のことを考えて(興味を持ってもらえるように)ブログを書いていけば、自然と人を惹きつけるための文章力が身につきます。自分の考えをまとめてから記事にするので、物事を考える力も向上します。ただし、何も考えずに適当に文章を書いていたのでは何も向上しません。

これらのことは文章を書く仕事を目指す方にとって役立ちますし、それ以外の方でも自分の考えを誰かに伝えるときに、情報を整理してわかりやすく伝えることができるようになります。

人気ブログになれば収入につながる

個人ブログを作ってすぐに収入を得ようとするのは難しいですが、多くの訪問者が訪れる人気ブログに成長すれば、広告を配置しておくだけでもある程度の副収入が得られます。ただし収入を最大の目標としてブログを始めるのであれば、個人ブログではなくアフィリエイトサイトを別で作ったほうがよいかもしれません。

個人ブログでは収入をおまけぐらい程度に考えておいたほうが、ユーザーに役立つ記事を書くことに専念できて、結果的に収入が増える場合が多いです。WordPressでブログを作った場合でも、ある程度アクセス数が増えればドメイン代とサーバー代くらいは比較的簡単にペイできると思います。

ジャンルを絞って個人ブログを運営するメリットのまとめ

ブログを身内だけの日記として使うのではなくジャンルを絞って有効活用すれば、まだ自分のことを知らない人に対して、自分を表現したりアピールすることができます。そしてそのブログは、自分だけのかけがえのない財産になります。これからブログを始めてみようと思っている方は、ただの日記ではなく自分も含めた誰かの役に立つブログを目指してみてください。



関連記事

ページ上部へ戻る