記事の詳細

見出しタグとはhtmlでは「h1」~「h6」で表現され、通常は文章構造をわかり易くするための見出しとして使用します。例えばブログの記事を書いるときに文章が長くなって読みにくいと感じたときは、見出しタグを使って適切に文章を分けてあげると読みやすくなります。

ただし、見出しタグはデザイン目的のために好きなように使っていいというものではありません。使い方にはルールがあり、間違った使い方をすると訪問者だけでなく検索エンジンにとってもわかりづらいブログになってしまいます。

見出しタグの記述方法

見出しタグの記述方法を紹介します。ビジュアルエディタの場合はビジュアルエディタの説明の記事をご覧ください。WordPressのテキストエディタに打ち込む場合は以下のように使います。

<h1>この見出しはh1タグです。</h1>
<h2>この見出しはh2タグです。</h2>
<h3>この見出しはh3タグです。</h3>
<h4>この見出しはh4タグです。</h4>
<h5>この見出しはh5タグです。</h5>
<h6>この見出しはh6タグです。</h6>

記事を投稿すると以下のように表示されます。

見出しタグの使い方のルール

見出しタグは、正しい構造(正しい順序)で使用する必要があります。例えば、「h1タグ」の後に「h3タグ」がくるのはおかしいですし、「h4タグ」の後に「h2タグ」がくるのも正しいとは言えません。

正しい使い方の例

「h2」⇒「h3」⇒「h4」⇒「h4」⇒「h4」⇒「h3」⇒「h4」⇒「h4」

間違った使い方の例

「h4」⇒「h1」⇒「h3」⇒「h3」⇒「h3」⇒「h1」⇒「h3」⇒「h3」

見出しタグの使用回数について

見出しタグを分けると以下のようになります。

  • h1:大見出し
  • h2:中見出し
  • h3~h6:小見出し

一般的なサイト・ブログで使われる見出しタグは、「h1」~「h4」くらいまでが多く、「h5」「h6」の小見出しはあまり使われていません。

「h1タグ」は大見出しなので、基本的には1ページにつき1回だけ使用するのが理想です。ブログのタイトル部分に使用したり、投稿記事のタイトルに使用する方が多いです。

「h2タグ」以降に関しては特に使用回数に制限があるわけではありませんが、多く記述すればいいというものではないので訪問者に記事の内容がわかりやすくなるように使用するようにしてください。



関連記事

ページ上部へ戻る